kyoyasai.co.jp 京野菜かね正 かね正青果 たわわ
グループコンセプト 会社概要 募集情報 お問合せ一覧

竹の子トップページ
洛西の竹の子
山城の竹の子
商品一覧
お問い合わせ
竹の子料理


 
竹の子の上手なゆで方
 
竹の子のゆで方 竹の子のゆで方 竹の子のゆで方 竹の子のゆで方
ゆがきやすいように上皮を3枚程はがし、先を斜に切り落とします。 中まで火が通りやすくするために、縦に切れ目を入れます。
鍋に、竹の子が浸かるようにたっぷり水を入れて「米ぬか」を入れます。
強火でアク抜きする。
※中火、弱火ではアクが抜ききれないため注意して下さい。

竹の子のゆで方 竹の子のゆで方 竹の子のゆで方 竹の子のゆで方
沸騰してから、中火で30分間沸騰させて、竹串が通るようであれば火を止めます。 竹の子のアクがとれるように煮汁が完全に冷めるまで、5時間以上そのまま放置します。 皮を取り除きます。 皮は、写真ぐらいで剥ぎ過ぎないで下さい。

竹の子のゆで方 竹の子のゆで方 竹の子のゆで方 竹の子のゆで方
姫皮部分(写真右側)
柔らかい歯ざわりですですので、料理にお使い下さい。
穂先部分
香りが強く、柔らかいので和え物、煮物、サラダ、などにお使い下さい。
中程部分
竹の子の一番おいしい部分です、焼き物、煮物、などにお使い下さい。
根元部分
根元のいぼ状の部分は薄くむいて取り除きます。
歯応えがあるので、ご飯、中華料理などにお使い下さい。

 
 
洛西の竹の子
 

 
たらこ和え(姫皮)
たらこ和え(姫皮)
材料 姫皮(2本分)、たらこ(1/2腹)、えのき茸(1袋)、木の芽適量
【A】酢(大さじ3)、砂糖(大さじ2)、だし汁(大さじ1)、 塩(少々)
1 姫皮をたてに千切りにし、水にさらす。えのき茸はさっと茹でる。
2 Aに水気を絞った姫皮とたらこ、エノキ茸を混ぜ合わせます。
3 器に盛り、木の芽をあしらえれば出来上がりです。

竹の子の田楽(中程)
竹の子の田楽(中程)
材料 竹の子(50g)、サラダ油少量、木の芽適量
【A】味噌(大さじ2強)、砂糖(大さじ2)、だし汁(1/4カップ)
1 竹の子は、半月切りします。
2 鍋にAを入れ、弱火でトロリとするまで練ります。
3 フライパンにサラダ油を熱し、竹の子の両面を弱めの中火で焼きます。
4 味噌を片面にぬり、紀めを添えて出来上がりです。

竹の子のサラダ(穂先)
竹の子のサラダ(穂先)
材料 竹の子(320g)、塩わかめ(40g)、酢(小さじ1)、かいわれ(20g)
【A】マヨネーズ(大さじ4)、醤油(大さじ1)
1 竹の子をたてに細切りします。
2 塩わかめを洗って熱湯につけてからザルにあげ、2cmの長さに切り酢をかけます。
3 器に竹の子とわかめを盛り付け、かいわれを散らします。
4 Aを混ぜ合わせかけて出来上がりです。

竹の子ご飯(根元)
竹の子ご飯(根元)
材料 竹の子(200g)、米(3合)、あげ(1枚)、木の芽適量
【A】だし汁(適量)、酒(大さじ2)、醤油(大さじ1)、
塩(小さじ1)、味噌(大さじ1弱)
1 米は、洗って15分以上水を切っておきます。
2 竹の子は短冊切りにし、あげは、油抜きして細切りにします。
3 炊飯器にお米と、普段米を炊く水加減より少な目の量のだし汁を入れ、竹の子、あげ、Aを入れます。
4 炊きあがったら、器に盛り木の芽を飾ります。
 
 
 
 
 

copyright(c)2004 kyoyasai.co.jp & kyoyasai Kanesyo. all rights reserved.